江戸から現代へ伝統の逸品

赤酢とは、粕酢の別名で長期熟成させた酒粕を原料として造る濃潤なお酢です。 江戸は元禄時代の初め頃から酒粕を利用した酢の醸造法が進歩すると熟成に時間がかかる「なれすし」に代わって炊飯に酢を加えるようになりました。 文政時代には深川の「松がすし」(押しすし)や両国の「與兵衛すし」(握りすし)でもこの粕酢が用いられ、大いに繁盛した記録が残されています。 赤酢は、江戸時代に安くて旨い酢と人気でしたが、出来上がるまで時間がかかり、現代では高級品です。


ヨコ井の醸造酢赤酢の特徴 原料は酒粕のみ

「ヨコ井の醸造酢」では、黒酢やリンゴ酢などさまざまな酢をつくっていますが、江戸前の酢といえばやはり「赤酢」です。弊社の赤酢は、まず厳選された酒粕を長期間じっくり貯蔵熟成させます。 酒粕に含まれる糖分とアミノ酸により白い酒粕が茶色さらには褐色に変化し、香りも奈良漬けさらには紹興酒のような香りに変化します。そのような長期熟成の酒粕を原料として発酵させたものがヨコ井の醸造酢の赤酢です。 こうしてつくられた赤酢はまろやかで美味、なにより香りが断然違います。 この赤酢でつくったすし飯は薄茶に色づき、江戸時代のすしはかくやと思わせる味わいを持っています。


おいしい使い方

寿司飯にひと工夫・・・ お米2合分のすし酢に対して本品小さじ1を加えるとまろやかで 旨味のあるすし飯ができます。 刺身醤油やぽん酢に加えたり、焼き魚やぎょうざのたれにもお使いください。

お酢を使ったレシピ集

『江戸前熟赤酢 150ml』は数量限定商品です。
在庫状況によって販売ができない場合がございますのでご注意ください。


ご購入のお客様に送料サービス! 5,000円(税抜)以上のお買い上げで500円送料サービス! 10,000円(税抜)お買い上げで送料無料

【数量限定】 江戸前熟赤酢 150ml

価格: ¥500 (税込 ¥540)
[ポイント還元 5ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

原材料名 酒粕

栄養成分(100mlあたり)

エネルギー 28kcal
たんぱく質 2.1g
脂質 0g
炭水化物 6.0g
食塩相当量 0.07g

ヨコ井の酢 横井醸造工業株式会社公式ウェブサイト
ハチミツりんご酢 美と健康のためにお酢ドリンクから始めませんか?

オンラインショップ営業日
  • 今日
  • 定休日

【ご注文受付時間】24時間受付中
【電話対応時間】 9:00~17:00
【TEL】03-3522-1111(代表)

ページトップへ